お知らせ

凉殿祭及び真菰くぐりについてのお知らせ

出雲大社では毎年6月1日の午前9時より月始祭に続き凉殿祭を奉仕致しております。
この凉殿祭の神事では、祭場となる出雲の森より境内の御手洗井まで、神々は國造の奉持する大御幣に宿られ、道筋に敷かれました真菰の上をお渡りになられます。
例年、ご参列の皆様方は、この踏み歩かれました真菰をお受けになられますが、本年は新型コロナウイルスの感染拡大防止と、3密の密集・密接を避けるため、そして何より皆様のご安全とご健康を鑑みまして、真菰神事は内容を変更して神職及び祭典奉仕者のみにて斎行し、参列はご遠慮いただく事と致しました。
また、祭典後にお渡しする真菰も、行列による密集・密接を避けるため、本年は控えさせていただきます。
何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
尚、皆様方に真菰をお渡し出来ないかわりに、凉殿祭後より6月7日迄の間、この真菰を銅鳥居の内と外、神楽殿前に吊るして掲げ、その下を潜れるように致します。この真菰には、無病息災をはじめ五穀豊穣の御蔭を賜る信仰があります。新型コロナウイルス感染症が蔓延の現在、皆様方にはこの真菰の下を潜られまして無病息災で日々お過ごしになられますことをお祈り申し上げます。

カテゴリー